かみゆトップページ > 大河ドラマ、テレビ・映画関連

制作実績

大河ドラマ、テレビ・映画関連

『女城主 直虎 前編』(NHK大河ドラマストーリー)
女城主直虎 前編.jpg

担当ページ:6つのキーワードで知る!「おんな城主 直虎」、直虎知恵袋ほか

2016年12月20日発売   [出版社: NHK出版 ]

購入へ

NHK大河ドラマのオフィシャルムック。

かみゆではドラマを何倍も楽しくするために
当時の教養や文化、生活などを理解する直虎知恵袋や
6つのキーワードで知る「おんな城主直虎」などを担当しています。

直虎を観ている方にはおすすめに一冊です。

『真田丸 完結編』(NHK大河ドラマ・ストーリー)
81jXto4HGUL.jpg
担当ページ:特別企画「信繁、勇躍の舞台 真田丸徹底解剖!」など

2016年10月20日   [出版社: NHK出版 ]

購入へ

いよいよストーリーも終盤に向かうNHK大河ドラマ『真田丸』。
「大坂冬の陣」で登場した幸村の大舞台、【真田丸】はドラマ内で
壮大な姿で登場しました。

現代によみがえった真田丸のあるロケ地を
今回、「真田丸」の城郭考証をつとめた千田嘉博先生と
探訪し徹底解剖!

先生の解説と共に真田丸の秘密に迫ります。

『真田丸 後編』(NHK大河ドラマ・ストーリー)
517HYaVBs6L._SX352_BO1,204,203,200_2.jpg
担当ページ:特別企画「歴史と向き合う三谷脚本の極意」など

2016年5月20日発売   [出版社: NHK出版 ]

購入へ

視聴率の絶好調のNHK大河ドラマ『真田丸』。
脚本家・三谷幸喜さんはどのように制作にあたり
史実をどう捉え、歴史とどう向き合っているのだろうか。
制作統括者のインタビューを基に、
三谷脚本執筆の舞台裏を探りました!

『真田三代全合戦ビジュアル大全』
27726444_1.jpg

2016年2月19日発売   [出版社: 廣済堂出版 ]

購入へ

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」大盛況のようですねー
おかげで、かみゆも現在真田三昧です!

年末にも真田縁の地をめぐるガイドブックを手がけましたが、
今回は幸隆、信綱、昌輝、昌幸、信繁が関わった合戦を
CGを交えながら紹介する大迫力の一冊になっております!
真田の戦巧者ぶりを堪能してみてください。
ぜひぜひお手にとってくださいませー

そして、本書を片手に「真田丸」のドラマ鑑賞はいかがでしょう?

『決戦真田丸!戦国史』(文藝春秋SPECIAL)
91MJtpPAxmL._SL1500_.jpg
担当ページ:最強武将は誰だ!? 内コラム「知られざる名将」(118〜155p)「怪人・異能集団列伝」(198〜213p)など

2016年2月26日発売   [出版社: 文藝春秋 ]

購入へ

真田幸村の智謀解説や
大河ドラマ「真田丸」の世界をカリスマ考証家・二木謙一が解説するなど、
真田の魅力が詰まった一冊です。

かみゆでは、立花宗茂や島左近などの「知られざる名将」を紹介するコラムと
戦国期に活躍した異能集団列伝を担当しました!

そのほか、武田信玄、今川義元など戦国武将たちの
究極サバイバル戦略の解説も満載ですー

『真田一族巡礼の旅ガイド』
sanada_cover_mihon.jpg

2015年12月19日発売   [出版社: KKベストセラーズ ]

購入へ

異色の歴史ガイドブック。
2015大河ドラマの主役・真田信繁(幸村)と、
その父・昌幸、兄・信之の3人が、
真田一族の歴史を解説しながら、ゆかりの地を案内します。
真田の〝聖地〟といえる上田や松代はもちろん、
幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、
そして幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。
真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅しています。

昌幸・信之・信繁の3人といっしょに、
真田の〝聖地巡礼〟にいざ出発!!

『真田丸 前編』(NHK大河ドラマ・ストーリー)
20151215201127-0001.jpg
担当ページ:特集「真田〝幸村〟伝説ひもとく」、巻頭観音「戦国時代勢力マップ」ほか

2015年12月19日発売   [出版社: NHK出版 ]

購入へ

NHK大河ドラマのオフィシャルムック。
かみゆでは、特集「真田〝幸村〟伝説ひもとく」を執筆しました。
江戸時代の講談から現在のゲームまで、
ファンタジー上の幸村はどう語られ、描かれてきたのかを解説します。

『花燃ゆ 完結編』(NHK大河ドラマ・ストーリー)
51j-FkqcW1L._SX353_BO1,204,203,200_.jpg
担当ページ:特集「時代を創った明治期の女性たち」

2015年9月30日発売   [出版社: NHK出版 ]

購入へ

2015年のNHK大河ドラマ
『花燃ゆ』の公式ファンブック。

明治を迎えて新しい時代を歩いていく
主人公・美和の人生にクローズアップした完結編。

かみゆでは、明治時代の女性のファッションや歴史、
当時活躍した女性を紹介する解説ページを担当しました!

雑誌『歴史REAL』「闘将真田一族」
51mA3khLtvL._SX367_BO1,204,203,200_.jpg
担当ページ:巻頭折り込み「系図と関係図でわかる!真田一族のすべて」「真田三大聖地をゆく」など

2015年9月9日発売   [出版社: 洋泉社 ]

購入へ
『花燃ゆ 前編』(NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHKhanamoyu.jpeg
担当ページ:大石学先生取材「獄中で生まれた松陰の思想と言葉」

2014年12月20日   [出版社: NHK出版 ]

購入へ

2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の公式ストーリーブックとなります。
2014年は特に大河ドラマ関連本の多い年でしたが、
NHK出版さんからのお声がけ、光栄でございました。

こちらの中で、大石学先生に吉田松陰が獄中でつちかった思想について伺いました。

実は松陰、獄中で苦難の日々を送ったのかと思いきや、
獄中でも講義を行い、囚人たちと積極的に交流を持っていたのです。

当時の牢獄はどんなシステムで動いていたのか、
投獄されていた囚人はどんな人物が多かったのか、
現代とは違う“牢獄”と、特異な場所で松陰が培った思想と言葉とは?

もちろん、ストーリーそのものや、
関係者のみなさまへのインタビューも必見です!

『吉田松陰の妹・文 歴史読本』(別冊歴史読本)
rekigun-hanamoyu.jpeg

2014年12月14日   [出版社: KADOKAWA ]

購入へ

歴史雑誌の老舗、『歴史読本』さんで毎年刊行される、大河ドラマの解説本。
今年もお手伝いさせていただきました!

巻頭では2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演されている、
文役の井上真央さんと吉田松陰役の伊瀬谷友介さん、
チーフプロデューサーを務められている土屋勝祐さんの対談を収録!

歴史好きお笑い芸人である松村邦洋さんにも、
『花燃ゆ』への期待や、大河ドラマ愛を語っていただきました。

エンタメ要素だけでなく、もちろん歴史の解説も盛りだくさんです。
文の関わった松陰、久坂玄瑞、楫取素彦(小田村伊之助)の3名を取り上げ、
今回は楫取素彦のご子孫である、能彦さんにもご登場いただきました。

その他にも、大河ドラマゆかりの地の紹介や、
長州史の解説、松下村塾生たちの紹介など盛りだくさんです。

この先1年楽しめる1冊となっております!

『この時代小説がすごい! 2015版』
jidaisyousetu_ph.jpg 
担当ページ:アンケートページ、和田竜先生インタビューページ

2014年12月10日発売   [出版社: 宝島社 ]

購入へ

書店員や書評家たちが、
その年発表された膨大な時代小説のなかから面白い作品を選ぶ『この時代小説がすごい!』。
ツウの方々によるランキング形式が、毎年注目を集めています。

その2015年度版にて、かみゆはランキングの集計と
『村上海賊の娘』で単行本部門1位を獲得した
和田竜さんのインタビューを担当しています。
制作期間じつに4年半、様々な賞を受賞した大作について、
ご本人の口から語っていただいたインタビューは必読の内容!

その他ランクインした小説のガイドも充実していますので、
時代小説ライフのお供にどうぞ。

『杉文と幕末の志士たち』
humi-bakumatu.jpg

2014年11月28日   [出版社: 英和出版 ]

購入へ

2015年大河ドラマ『花燃ゆ』。
激動の幕末を舞台に、吉田松陰の妹・文の生涯を描きます。

本書では、そんな文が生きた時代に活躍した幕末志士たちの生き様を紹介。
吉田松陰をはじめ、久坂玄瑞などが活躍した長州志士はもちろん、
維新の立役者となった坂本龍馬、
佐幕派の筆頭として活躍し、現在も人気の衰えない新選組も登場します!

そしてこの時代、「開国派」「攘夷派」「尊王派」「倒幕派」などなど、
思想が入り乱れているので、学ぼうとして思想の壁にぶち当たる人も多いのでは。
今回はそんな複雑な幕末の思想の流れも読み解いて行きます。

人物からも思想からも楽しめる幕末本です!

『松陰の妹・文と松下村塾』
humi-to-syokasonjyuku.jpeg

2014年9月29日   [出版社: 三才ブックス ]

購入へ

2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』の主役となった吉田松陰の妹・文。
名前を聞いて頭に「?」が浮かぶという人も少なくないはず。
そんなみなさまへ、実際に彼女がどんな人生を送ったのか、
大河ドラマの前に、予習はいかがでしょうか?

文の生涯の解説はもちろん、夫となった2人の男性・久坂玄瑞、楫取素彦の生き様。
松下村塾で教えを受けた生徒たちの活躍、
長州幕末史、偉人の妹列伝などなど、もりだくさん!

ドラマのチーフプロデューサー・土屋勝裕氏へのインタビューや、
主演・井上真央さんのコメントなど、ドラマの情報も万歳です!

『黒田官兵衛歴史読本』(別冊歴史読本)
61cTCYJHd3L._SL500_AA300_s.jpg

2013年12月16日発売   [出版社: KADOKAWA ]

購入へ

巻頭では、大河ドラマの主人公・岡田准一さんと監修を務める小和田哲男先生の対談、
妻・光姫役の中谷美紀さんのインタビューを収録。
官兵衛の生涯解説はもちろん、ゆかりの史跡やミュージアムのガイド、
官兵衛関連書籍の紹介など多様なアプローチで大河主人公の魅力に迫ります。
大河ドラマの予習としてはもちろん、官兵衛について学びたい方や
関連するお城や史跡に旅行に行きたい人にも役に立つ一冊。
放映開始前にぜひお読み下さい!

雑誌『日経エンタテインメント!』2013年4月号
cover_1304.jpg

20130306_194227.jpg 20130306_194256.jpg


担当ページ:特集「イマドキ面白テレビ番組」内、「『八重の桜』八重を導き影響を与えた男性たち」「長谷川博己インタビュー」

2013年3月4日発売   [出版社: 日経BP社 ]

購入へ

イマドキテレビ番組特集内の大河ドラマのページを担当。
八重の夫となる川崎尚之助役の
長谷川博己さんにインタビューしました!
ドラマではこれから、八重との恋バナを経て結婚へと盛り上がり、
その後、会津戦争の悲劇と別れが待ち構えています。
ドラマの展開も今から楽しみです。

『会津に恋して』 小日向えり著
51yTRdTz3ML._SS500_  .jpg

2012年10月23日発行   [出版社: 新人物往来社 ]

著者:小日向えり
デザイン:中道智子(アルク)
編集協力:かみゆ歴史編集部

購入へ

元祖歴ドルであり、2012年会津親善大使である
小日向えりさんの最新刊。
ときに熱く、ときに切なく、
新島八重と幕末会津藩をめぐる24人の物語が紡がれます。

『よくわかる 古代韓国・朝鮮王朝の歴史と人物』
kankoku1.jpg
kankoku2.jpgkankoku3.jpg

2012年4月17日発行   [出版社: 新人物往来社 ]

執筆:伊藤春奈、島崎晋
イラスト:panther、竹村ケイ、日本マンガ塾、管洋子
デザイン・DTP:株式会社アルク

購入へ

 人気の韓国時代劇を楽しむために知っておきたい韓国の歴史。
 古代から朝鮮王朝までの2500年の歴史を、豊富なビジュアルで紹介します。
 最新ドラマ情報あり、詳細な人物相関図あり、
 同時代・同系統の日本と韓国の歴史人物を取り上げた歴史読み物あり、
 歴史好きでもドラマ好きでも楽しめる一冊です。

趣味Do楽『人気番組で旅をする』(NHKテレビテキスト)
51zoLahMgAL._SL500_AA300_ 2.jpg

tempest_04-05_0307.jpg tempest_08-09_0308.jpg
担当ページ:「テンペスト」を観て琉球を旅する

2012年4月1日   [出版社: NHK出版 ]

執筆:上永哲矢、野田伊豆守
マンガ:原田祐仁子
デザイン・DTP:株式会社アルク

購入へ

 NHK教育テレビで4月から放送、趣味Do楽「人気番組で旅する」のテキストムック。
 ピックアップされたNHK人気3番組のうち、かみゆではドラマ「テンペスト」の回を担当しました。
 一足先に初春をむかえている沖縄を取材し、首里城やグスクなどドラマの舞台はもちろん、
 琉装体験やシーサーづくりなどを満喫しました(もちろん仕事です!)。

『つぶやき平家物語』
tsubuyaki1.jpg

tsubuyaki2.jpg tsubuyaki3.jpg

2011年12月26日発売   [出版社: アスキー・メディアワークス ]

執筆協力:稲泉知
デザイン・DTP:株式会社ファクトリー・ウォーター(山岸全、木下春圭)
イラスト:岩元辰郎、輝竜司、添田一平、明加、トリバタケハルノブ、竹村ケイ
企画・編集協力:かみゆ歴史編集部

購入へ

 「もしも歴史人物がSNSをやっていたら……?」
 そんな愉快な歴史のIFが実現しました。
 源平争乱を彩る100人超の人物が、
 謀議のさなかも合戦中もつぶやきまくり。
 さらに、琵琶法師による140字ダイジェスト&盛りだくさんの図版で
 眺めているだけ歴史が学べる一冊です!
 日本一わかりやすい(当社比)『平家物語』入門ガイド。

『乙女の「平家物語」』 井上渉子著
otome1.jpg
otome2.jpg otome3.jpg

2011年12月22日   [出版社: 新人物往来社 ]

著者:井上渉子
イラスト:日本マンガ塾/九楽いっこ
マンガ:西川かおり
装幀・デザイン:中道智子(株式会社アルク)
編集協力:かみゆ歴史編集部

購入へ

 時代の変革期に生まれ、動乱の時代を生きた
 26人の「泣ける」生き様——。
 強く、激しく、儚い『平家物語』の世界を
 イラスト&シュートストーリー&歴史エッセイで綴ります。

『源平興亡三百年』中丸満著(ソフトバンク新書)
417HBUaHM3L._SL500_AA300_.jpg

2011年12月19日発売   [出版社: ソフトバンク クリエイティブ ]

著:中丸満
企画・編集協力:かみゆ歴史編集部

購入へ

 絶大な人気を誇る武士のブランドであった源氏と平氏。
 本書ではその誕生から平家と源氏が滅びるまでの三百年間に焦点をあて、
 数多の合戦と無数の陰謀に彩られた、 源平興亡の歴史を描き出します。
 ゾクゾクするほどの血湧き肉躍る因縁の物語が展開されます。

季刊『歴史魂』VOL.5
111202_topimage2.jpg
rekidama5-2-2.jpg rekidama5-4.jpg
担当ページ:特集「平清盛と源平30年戦争」「ペリー荻野の時代劇超入門」

2011年12月6日   [出版社: アスキー・メディアワークス ]

文:稲泉知、上永哲矢、川口裕司、中丸満、堀五朗
イラスト:岩元辰朗、輝竜司、添田一平、明加、トリバタケハルノブ、竹村ケイ

購入へ

 第一特集「平清盛と源平30年戦争」を担当。
 「清盛を知るキーワード」「きよもりくん出生双六」「源平対決7番勝負」「源平1000年ヒストリー」など
 歴史魂ならではのコンテンツが盛りだくさん。
 ほか、時代劇専門家・ペリー荻野さんの新連載もはじまります。

雑誌『時空旅人』vol.6「坂の上の雲を歩く」
51NN0mjEFqL._SL500_AA300_.jpg
shiba2.jpg shiba3.jpg
担当ページ:司馬遼太郎と『坂の上の雲』

2011年12月1日発売   [出版社: 三栄書房 ]

購入へ

 NHKスペシャルドラマの完結編放送を記念したワンテーママガジンです。
 かみゆでは司馬遼太郎さんの読み物、司馬遼太郎記念館のインタビューなどを担当。

直伝和の極意『体感・実感! にっぽんの名城』講師:千田嘉博(NHKテレビテキスト)
6189723.jpg 
名城・2回3回22-37熊DT再再-1.jpg  にっぽんの名城・5回6回コラムp74-75.jpg

2011年12月25日発売   [出版社: NHK出版 ]

講師:千田嘉博
編集協力:かみゆ歴史編集部(滝沢弘康・伊藤久美)
取材・文:野田伊豆守/山下龍男
撮影:畠中和久
イラスト:香川元太郎/中野新/ファクトリーウォーター/藤井尚夫
鳥瞰イラスト作成:藤井尚夫
デザイン:オーク
ペーパークラフトデザイン:紙宇宙/久嶋正裕
ペーパークラフト撮影:岡山寛司
表紙ロゴ&フォーマットデザイン:高木義明(インディゴデザインスタジオ)
校正:東京出版サービスセンター/唐沢紀子

購入へ

 NHK教育テレビで1月から放映される番組のテキストムックです。

 有名城郭(姫路城・熊本城など)から
 山城(小谷城・鹿背山城など)まで、
 奈良大学教授・千田嘉博先生が
 最新の研究成果をふまえ丁寧にご案内。
 写真は新進気鋭・畠中和久氏の撮り下ろし。
 藤井尚夫先生の書き下ろしイラストも多数掲載。
 …と、城郭ファンにはたまらない内容の濃い1冊となりました。

 さらに、1/200スケールの上田城ペーパークラフト付き!
 細部まで先生に監修いただき、完成度の高いつくりとなっております。
 
 番組は新年1月6日(木)午後10時よりNHK教育テレビでスタート。
 千田先生&歴ドルの美甘子さんが出演。
 こちらもご愛顧ください!

『スッキリ!幕末』(文庫ぎんが堂)
1001_sukkiri_1.jpg 1001_sukkiri_2.jpg

2010年2月11日発行   [出版社: イースト・プレス ]

執筆:稲泉知、多田奈津子、長野伸江、堀五郎
本文イラスト:添田一平
本文図版:吉良久美
ブックデザイン:タカハシデザイン室
本文DTP:明昌堂

購入へ

幕末の複雑な人間関係が面白いほどよくわかる。坂本龍馬から新撰組、篤姫まで、50点以上の人物相関図付き。「幕末は難しいから…」と敬遠している人にこそ読んでもらいたい一冊。

『歴史小僧』
work_c1.jpg
work_c2.jpg work_c3.jpg

2009年1月15日発行   [出版社: 白夜書房 ]

購入へ

Copyright © CAMIYU Inc. All Rights Reserved.