Top > 制作実績

カテゴリーから探す
カテゴリーから探す
カテゴリーから探す
1
日本史通史
2
戦国時代、戦国武将
3
江戸時代、幕末
5
世界史関連
6
三国志、中国史
7
小・中学生向け歴史書
8
大河ドラマ、テレビ・映画関連
9
史跡ガイド
10
その他歴史関連
11
美術史、絵画、アート
12
宗教、神話、神社仏閣
13
日本文化、民俗
14
天皇制
15
地政学
16
雑誌媒体
17
広報誌、新聞媒体
18
ウェブ媒体
19
その他いろいろ
20
エンタメ・トレンド
22
生活・文化
23
日本中世史(鎌倉・室町)
24
仏教・仏像
25
日本古代史
26
かみゆ歴史編集部の本
27
アーカイブ
アーカイブ
アーカイブ
制作実績
歴史人2022年6月号
[版元] 株式会社ABCアーク

[刊行] 2022年5月6日

[担当ページ] 幻の本土決戦

今号の特集は「沖縄戦とソ連進攻の真実」。弊社ではそのなかの「幻の本土決戦」を担当しました。史上最大の上陸作戦といわれるノルマンディー上陸作戦。この規模を上回る日本本土進攻作戦を、大戦末期にアメリカをはじめとする連合国は計画していました。これに対し日本側はどのような防衛策を考えていたのか。日米双方の作戦図からから読み解きます。

その他歴史関連
11
日本史通史
2
雑誌媒体
17
歴史群像4月号
[版元] ワン・パブリッシング

[刊行] 2022年4月6日
[担当]「戦国の城【特別編】・“鎌倉殿”の古戦場を歩く〜第2回・衣笠城合戦」

連載「戦国の城」は特別編。

不定期連載「“鎌倉殿”の古戦場を歩く」の第2回として、源頼朝に味方した三浦氏の本拠地・衣笠城をご紹介。

衣笠山の地形と中世初期の戦闘形態から読み解き、治承4年(1180)8月の衣笠城合戦の様子をイラストで復元しました。

1
日本中世史(鎌倉・室町)
24
雑誌媒体
17
日経エンタテインメント! 2022年 4月号
[版元] 日経BP社

[刊行] 2022年3月4日
[担当ページ] 「SNS&ストリーミング時代のレコード会社の取り組み(エイベックス・ソニーミュージックエンタテインメント)」「エンタ!マンスリーセレクション(動画配信)」

創刊25周年を迎える日経エンタテインメント。その記念すべき号の表紙を飾るのは、SixTONES。次代を拓くパイオニア達と題し、アイドルとしてのキャリアデザインについて、ジャニーズの新しい波をつくる彼らに迫ります。
弊社は 「SNS&ストリーミング時代のレコード会社の取り組み」のページで、エイベックスとソニーミュージックエンタテインメントの取り組みについて取材しました。また「エンタ!マンスリーセレクション」のページでは、話題の動画配信作品についてご紹介しています。

エンタメ・トレンド
22
雑誌媒体
17
旅行読売4月号
[版元] 旅行読売出版社

[刊行] 2022年2月24日
[担当ページ] コラム「城と桜の深くて新しい関係」

桜が咲く春は、城の魅力もさらに増します。はかなく美しい桜を見ていると、散り際のいさぎよさを尊んだ武将達の声が聞こえてきそうです。本誌では、松前城、鶴岡城、上田城、丸岡城、福山城、熊本城、今帰仁城など、全国の名城と桜の楽しみ方をご紹介。コラム「城と桜の深くて新しい関係」では、実はお城には桜ではなく、実戦を想定して食用にもなる梅や、武器にもなる竹などが植えられていた、などのオモシロうんちくを披露しています。

1
広報誌、新聞媒体
18
雑誌媒体
17
歴史群像2月号
[版元] ワン・パブリッシング

[刊行] 2022年2月6日

[担当] 「戦国の城・摂津高槻城」「“鎌倉殿”の古戦場を歩く〜第1回・石橋山合戦」

・連載「戦国の城」は、摂津の高槻城をご紹介。教会やキリシタン墓地が隣接するなど、キリシタン大名である城主・高山右近にふさわしい、オリジナリティに富んだ城です。

・不定期連載「“鎌倉殿”の古戦場を歩く」は、第1回「石橋山合戦」。古戦場を実際に歩き、『吾妻鑑』『平家物語』といった資料の記述と現地の地形を突き合わせながら、惨敗を喫した頼朝がなぜこの地を選んだのかをさぐります。

1
日本中世史(鎌倉・室町)
24
雑誌媒体
17
歴史人3月号
[版元] ABCアーク

[刊行] 2022年2月4日
[担当ページ] 死に際して、偉人はどのような言葉を遺したのか?

死に際して、偉人はどのような言葉を遺したのでしょうか? 大石内蔵助のような、本懐を遂げてあの世へと旅立つ人物の言葉、平将門のように、この世に遺恨を残して死んでいった人の言葉、西郷隆盛の、覚悟を決めた言葉、そして小林一茶のような、死をも楽しむかのような洒脱な言葉。死に際したときに発せられた言葉は、その人の生き様をも表しているようです。

日本史通史
2
雑誌媒体
17
中央公論1月号
[版元] 中央公論新社

[刊行]2021年12月10日
[担当ページ]「日本のインテリジェンスの過去と現在」

近年、日本でも市民権を得てきた「インテリジェンス」という情報活動を意味する言葉。戦前の日本を振り返る今月号で、日本のインテリジェンスの第一人者で、歴史番組などでもお馴染みの小谷賢先生のインタビューを行いました。イギリスには007でお馴染みのMI6、アメリカにはFBIがありますが、日本には今もこのような情報機関がないのだとか。情報活動の重要性を解説します。

雑誌媒体
17
歴史群像11月号
[版元] ワン・パブリッシング

[刊行] 2021年11月6日
[担当] 「戦国の城・近江虎御前山砦」「鎌倉軍事政権の誕生・軍事政権の試練〜頼朝・実朝と承久の乱」

・連載「戦国の城」は、近江の虎御前山砦をご紹介。浅井長政が篭もる小谷城を攻めるため、信長が築いた陣城です。
・連載「鎌倉軍事政権の誕生」は、最終回「第6回軍事政権の試練〜頼朝・実朝と承久の乱」。東国武士たちがたどり着いた、武家政権について解説します。

1
雑誌媒体
17
歴史人11月号
[版元] ABCアーク

[刊行] 2021年10月6日
[担当ページ] 「仏像の誕生と日本伝来」の軌跡

1世紀ごろにパキスタンのガンダーラや、インドのマトゥーラで仏像がつくられ始めました。
中央アジアを経由し、中国、朝鮮半島を経て、そして日本へと伝来した仏像はどのように広まり、時代ごとにどのような特徴があったのか--。
飛鳥時代から室町時代以降まで、さまざまな仏像を紹介・解説しています。

仏教・仏像
25
雑誌媒体
17
日経エンタテインメント! 2021年 11月号
[版元] 日経BP社

[版元] 日経BP社
[刊行] 2021年10月4日
[担当ページ] 「ラジオ&音声メディア黄金時代」「エンタ!マンスリーセレクション」など

表紙を飾るのは、解散を発表した「V6」のメンバー。個人へのインタビューと、メンバー全員が膝を交えた座談会を通し、26年間の活動に終止符を打った彼らのこれまでの足跡を振り返ります。
弊社は「ラジオ&音声メディア黄金時代」と、「「エンタ!マンスリーセレクション」の一部記事を担当。メイン特集「ラジオ&音声メディア黄金時代」では、ラジオを発端に、Spotify、voicyなど様々な形態で拡張を続ける「音声メディア」について特集しています。

エンタメ・トレンド
22
雑誌媒体
17
カテゴリーから探す
1
日本史通史
2
戦国時代、戦国武将
3
江戸時代、幕末
5
世界史関連
6
三国志、中国史
7
小・中学生向け歴史書
8
大河ドラマ、テレビ・映画関連
9
史跡ガイド
10
その他歴史関連
11
美術史、絵画、アート
12
宗教、神話、神社仏閣
13
日本文化、民俗
14
天皇制
15
地政学
16
雑誌媒体
17
広報誌、新聞媒体
18
ウェブ媒体
19
その他いろいろ
20
エンタメ・トレンド
22
生活・文化
23
日本中世史(鎌倉・室町)
24
仏教・仏像
25
日本古代史
26
かみゆ歴史編集部の本
27
アーカイブ
お問い合わせ
制作のご質問・ご相談・ご依頼はお電話または、
以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
制作のご質問・ご相談・ご依頼はお電話または、 以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。